ネイルスクールで自分が身につけた知識や技術を活かそう

勉強

教室に通う前に

着物着付教室に通う前に確かめておくこと

着物

着物の着付教室へ通おうと思ったら、まず、自分の手元にどのような着物や帯があるのか、また着付けに使う腰ひもや帯枕などの小物はあるのかなどを確認するといいでしょう。持っているものをだぶって買ってしまうのは勿体ありません。 そして着付け教室で練習するために用意する着物がどのようなものかということも確認が必要です。着物には様々な種類がありますが、まずは正絹の着物を用意しましょう。綿やポリエステルのものだと着付けの感覚が変わってきてしまうので、あまり向いていません。そして帯に関しても同じで、正絹のものを用意しておくと良いでしょう。 帯は大きく分けて、名古屋帯・袋帯・半幅帯があります。多くの場合、着付教室でよく使うのは名古屋帯が最も多く、袋帯の結び方は大体そのあとに習い、半幅帯は浴衣を着るときに結ぶ帯で、おまけのような形で習える教室もあります。 最初は着付けをするのには何が必要なのか、区別することは難しいので通いたい教室に相談するか、和服屋さんで相談すると良いでしょう。和服屋さんは敷居が高いように思いがちですが、小物などの相談も気軽に乗ってくれます。

着付教室で使う着物を手軽に用意するには

着物の着付に興味があっても、着られる着物がなくて着付教室へ行くことを思い留まってしまう方も多いでしょう。確かに着物は高価で、購入するのは大変です。そこで、自分の着物をお手軽に用意する方法を紹介します。 着付教室でレンタルできるところもありますが、自分の着物があれば自宅で練習することが出来るので、上達も早くなります。 手元に古い着物があるけれどサイズが合わないという場合には、着付教室や和服屋さんに相談してみましょう。お仕立て直しをすれば、自分の体のサイズに合わせることが出来ることが多いのです。多くの場合、着物は余った生地を切らずに折り返して縫ってあるので、修正しやすい作りになっています。また、裾丈は着付けの時にある程度調整することが出来るので、教室でコツを教えてもらえば問題ありません。 近頃では手軽な価格で古着の着物を手に入れられるお店も増えています。その場合も、気に入ったものがあれば「お仕立て直しをすれば着られるかもしれない」ということを頭に入れておきましょう。